拡散光の植物に関する性能評価

 

当事務所は南側が2重サッシ構造で、330㍉程度のスペースがあります。
ここで、サニーレタスの水耕栽培を行い、直射光と拡散光(拡散板)の影響を調査しています。
途中経過は写真のとおり、直射光線に比べ拡散光照射で3倍の成長が確認されました。

余談ですが、カサブランカの栽培も天窓的に言えば、木陰で栽培するほうが良いようです。つまり光拡散型天窓の拡散光ですね。
カサブランカのルーツは日本ということをご存知でしたか。アメリカで交配され、オランダで命名され発売が始まりました。原種は(かのこユリ+ヤマユリ)+タモトユリです。

拡散光は植物にも良いのですから、人にも優しい灯りなんですね。

このやさしい灯りを介護施設、幼稚園の休憩所、ホールいっぱいに取り入れることができたら、入居者や児童の健康にも良いのではないでしょうか、考えると目標が広がっていきます。